11月24日「駐在員が帰国したくなるとき」更新。
11月24日「駐在員の転職エージェント」更新。

アジアで駐在員として働くメリット

駐在員がアジアで働くということ

 

海外志向の人に欧米至上主義者が一定数存在しています。昔は、「アメリカかぶれ」とか「ヨーロッパかぶれ」言われていましたね。発展途上国で、建築図面を睨みつけならが現地のワーカーを怒鳴りつけているオヤジではなく、アメリカやイギリスでオシャレに仕事をしたいタイプです。

しかし、そんな欧米至上主義者もアジア勤務を経験すると、がらりと鞍替えして「アジアかぶれ」になってしまう人もいるので記事にしてみました。

  • 日本以外のアジアで働くことは意外と楽しいです。

駐在員の赴任先はどこ

いま駐在員の仕事を探している方や駐在員の経験がある方はご存知でしょう。駐在員の勤務先は東南アジアや中国が多いです。アジアで仕事をす場合は、日本で就業していたときよりも高い役職に就くことが一般的です。マネジメントや技術指導する立場での勤務です。

欧米に赴任する駐在員は狭き門。アメリカに赴任している日本人はたくさんいますが、海外事業部の中でも飛び抜けてデキるヤツにならないと勝ち取れません。また、すぐにアメリカ勤務させてもらえる企業はまずありません。

編集室
  • よくある赴任先
  • アジアが働きやすい理由
  • アジア働くデメリット
  • 帰任したくない駐在員たち
  • 赴任した国で彼氏や彼女ができてしまうと人生が変わってしまう可能性もある
  • まとめ・アジアで駐在員として働くメリット

よくある赴任先

中国・台湾・ベトナム・シンガポール・インドネシア・タイ・フィリピン・マレーシア・ミャンマー、主に東アジアと東南アジアです。業種は製造業、建築業、サービス業、IT、旅行関連など駐在員としての仕事はたくさんあります。

大手メーカーや商社になると、南米やヨーロッパなどに赴任する機会がありますが狭き門です。建築であれば、UAEやカタールをはじめとする中東地域。商社や石油関係ならアフリカもあります。私はアフリカでの勤務経験がないため、アフリカで仕事をすることについて語れませんので悪しからず。

 

アジアが働きやすい理由

アジア勤務が楽しい理由のひとつとして感覚的に近いことがあげられます。また、日本の仕事のやり方に合わせてくれるスタッフが多いのも特徴です。

例えば、日本人駐在員の英語が酷いものでも、その言葉を理解しようとする姿勢を持っています。アジア勤務で欧米のように馬鹿にされることはあまりありません。特に東南アジアはアットホームです。特定のスタッフと仲良く話をしていると、他のスッタフからの不満がでるほどです。

最近、中国に悪いイメージを持っている人が多いと思いますが、実は働きやすい国です。
中国で働く駐在員について

駐在員に求められる英語力について
駐在員の英語

 

アジア働くデメリット

アジア勤務にもデメリットがあります。日本に帰任したくない病です。

居心地が良いので、帰任命令を受けても帰国を渋る駐在員は多い。海外で仕事をすることで日本の良い部分を理解することができる反面、悪い部分もみえてしまいます。帰任して日本で勤務をはじめても常に海外と比較してしまいます。比べることは、必ずしもポジティブな方向に向かうとは限りません。大抵の場合、元駐在員の場合は、悪い方に向かいます。

  • 日本なんてウンたらカンタラ・・・

特に、海外での待遇が良かった場合は悲惨です。上流階級のように振舞っていたのに日本に帰れば一般人。また、海外勤務ができるのであれば我慢して仕事をすることができますが、海外勤務への道が閉ざされているなら転職するしかありませんね。

海外事業部に配属されているのであれば、3年〜4年の周期で海外を転々とする生活になります。

 

帰任したくない駐在員たち

駐在する国はマチマチですが、赴任した国が気に入ってしまうと辛いお別れになります。はじめは嫌々赴任してきた方も、帰任することろには、その国に愛着がわいてしまうワケです。海外ならセレブな生活ができたけど、日本に戻れは普通の庶民です。帰任したくありませんよね。

  1. やっとこの国に馴染んできたのに帰国するのはありえない。
  2. 今の通勤は、ドライバーがいて車の中で寝てるだけだったけど、日本に戻れば満員電車かあ。
  3. 日本の寒い冬を乗りきれるかどうか心配だなあ。

 

しかし、更に悲惨なパターンがあります。

赴任した国で彼氏や彼女ができてしまうと人生が変わってしまう可能性もある

特に独身の方で、現地に彼氏や彼女がいると更に悲惨です。「ずっと赴任した国に留まりたい」と上司に直訴する人もいます。また、会社が認めてくれないのであれば、退社して現地採用を選ぶ人もいます。

  1. 別れるのはつらいから結婚してこの国で暮らそう。
  2. 帰任したくないことを本社に伝えたら、任期が延びるのではないだろうか?

 

まとめ・アジアで駐在員として働くメリット

海外勤務はあなたが想像しているより面白いと思いますよ。様々な価値観の中で、必死に働くことはあなたの財産になるはずです。

編集室
駐在員の仕事が見つからない方は参考にして下さい。
駐在員の求人が見つからない理由

海外案件に強い人材紹介会社をリストアップしています。
駐在員の転職エージェント

駐在員はエリートだけの仕事ではありません。高卒でも実務経験があれば駐在員になれます。
高卒で駐在員になるには

中途採用なら海外勤務はすぐに手の届くことにあります。
中途採用で駐在員になるには

以上、「アジアで駐在員として働くメリット」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA