11月24日「駐在員が帰国したくなるとき」更新。
11月24日「駐在員の転職エージェント」更新。

駐在員の求人が見つからない理由

駐在員の求人を探す

いろいろな求人サイトを検索しても駐在員の仕事が見つからない。そんな人が多いので記事にしてみました。

「そもそも仕事の探し方、間違っていませんか?」

駐在員の仕事は、企業側の事情で公開できないことが多いということはご存知でしょうか。どれだけ探してもピッタリの求人が見つからないのは、求人が一般公開されていないからです

編集室
目次:

  • 求人が公開されない理由
  • 非公開求人の採用について
  • 企業が転職エージェントを利用して人材を採用する流れ
  • 求職者の登録情報からのスカウト
  • 駐在員の求人が見つからない理由のまとめ

求人が公開されない理由

新しいWEBサービスを東南アジアで立ち上げたい企業が堂々と求人サイトで求職者を募集することは稀です。制作拠点や製造拠点を海外に移すことを考えている企業も同じです。隠したいワケです。できる限り目立たずに優秀なスタッフを探している企業は想像以上にたくさんあります。

  • 企業が求人を公開するデメリットを考えましょう。

 

非公開求人の採用について

駐在員を採用したい企業は、人材を集めるために転職エージェントを使って非公開求人として募集をかけますエージェントは求職者のDBを持っているので、その中からスカウトします

 

企業が転職エージェントを利用して人材募集する流れ

企業はエージェントに採用情報を伝えたあと、採用条件以上の候補者から応募を待ちます。大手エージェントの場合は、登録者が多い為、非公開案件でも充分な候補者がみつかります。一般的な求職サイトよりレベルの高い候補者にリーチできます。

  • 非公開求人は外資系や役職付きの求人がたくさんあります。

 

求職者の登録情報からのスカウト

転職エージェントからの紹介を待つ採用は、どちらかと言えば「待ちの採用」と言えます。求職者の情報はデータベース化されているので、語学力や資格、年齢などの条件を付けて、転職エージェントが求職者をリストアップします。

採用したい候補者にアプローチできるのが企業が転職エージェントを利用するメリットです。また、企業情報を不特定多数の目に晒すリスクを避けられます。

 

 

駐在員の求人が見つからない理由のまとめ

駐在員の求人は非公開求人として転職エージェントが持っているので、ネットに公開している求人を眺めていても条件の良い求人はなかなか見つかりません。 日本採用の海外求人に強い転職エージェントは数社ありますので、できるかぎり多くのエージェントを利用することをおすすめします。

海外求人に強い転職エージェント一覧。以下のエージェントに登録して、駐在員になれないのであれば実務経験が不足しています。

駐在員の転職エージェント

 

 

以上、「駐在員の求人が見つからない理由」でした。