11月24日「駐在員が帰国したくなるとき」更新。
11月24日「駐在員の転職エージェント」更新。

女性の駐在員ライフ

女性駐在員の趣味や生活について

駐在員は男性のイメージが一般的だと思います。男女比は男性8割、女子2割ぐらいです。製造業で働く女性は少なく、サービスや小売業に多いのが特徴ですね。

女性が少ない理由としては、安全面から女性社員を発展途上国に赴任させたくない企業側の事情があります。しかし、東南アジアをはじめとする新興国は、発展とともに治安も改善しており、女性の駐在員は増えています。そこで気になるのが ↓

  • 女性駐在員は海外でどのような生活をしているのか?

当たり前のことですが、男性の駐在員と同じように女性の駐在員もしっかりと働いています。要するに、駐在員は性別にかかわらずバリバリ仕事をしています。

しかし、男性駐在員と女性駐在員は、仕事以外の時間の使い方が違います。休日やアフター5の過ごし方ですね。

それでは、女性駐在員の生活についてみていきましょう。

 

#当記事は偏見に満ちています。

女性駐在員の生活

編集室
目次:

  • 休日、アフター5の過ごし方
  • 婚活する必要なし
  • 帰国したくない女性達
  • まとめ「女性の駐在員ライフ」

休日、アフター5の過ごし方

「駐在員=ゴルフ」ではありません。それはあくまでも男性の話です。男性よりも精神的に複雑な女性はゴルフなんてしません。「女性駐在員=ヨガ教室」です。

半分冗談、半分本気で書いています。

女性は男性よりも積極的に海外での生活を楽しむ傾向があります。男性駐在員の場合、食事は日本料理屋のみという人が大半ですが、女性は現地のレストランを食べ歩くことを趣味にしている人が多いですね。

また、女性駐在員は男性駐在員よりも現地の生活に柔軟に溶け込んでいます。習い事もそのひとつかもしれません。とにかく、男性よりも適用力が高いのが特徴です。

女性駐在員は習い事と食べ歩きが好きだ!疲れたらスパやマッサージ。

婚活する必要なし

女性駐在員はモテます。モテまくります。現地人からモテるのはもちろんのこと、赴任している男性駐在員からもモテます。日本人男性の中には現地の女性よりも日本人を好む方が多いため、どこでもチヤホヤされる環境が出来上がっています。

特に製造業で働く日本人男性は、日本人女性と話す機会すらない場合もあるので、飲み会やコンパのお誘いが絶えません。自分のお金を使わずに毎日飲み歩いている方もいますよ。

放っておいてもモテてしまう。モテたい女性は駐在員になるべきです。

帰国したくない女性達

駐在員が国を去るときは、2つのパターンがあります。

  • ①日本にある本社(もしくは支店)に勤務するための帰任
  • ②海外拠点から別の海外拠点への移動

 

日本にある本社(もしくは支店)に勤務するための帰任

男性駐在員も同じですが、帰任命令が下されると辛い帰国となります。海外の生活と日本の生活の差を知っているだけに・・・とにかく、海外生活を楽しんでいた方ほど落差が大きいです。

セキュリティのしっかりした高級コンドに住み、掃除や洗濯は週末のみ雇ったメイドに丸投げ、習い事を掛け持ちして、疲れたらスパやマッサージ。ドライバー付きの車で通勤して・・・もう満員電車には乗れませんよね。

しっかりと仕事をしているからこその駐在員生活ですが、この生活を手放して帰任できますか? 帰国して普通の生活に戻ることができるのでしょうか? 大半の女性駐在員は帰任が決まると、後ろ髪を引かれる思いで帰国しています。

別の海外拠点への移動について

この場合、海外拠点から別の国への人事移動です。帰任とは違いますが嬉しいものではありません。新しい国で働ける希望もあるのですが、やはり数年暮らした国に特別な感情が湧いてしまいます。

 

女性の駐在員ライフ・まとめ

  • 赴任してきた時は、この人大丈夫なのかなと思える女性も半年〜1年で物凄く逞しくなります。とにかく適応力が高い。
  • 容姿を問わず日本人女性はモテモテの状態。自己評価がアップ。
  • 上司や同僚とウマが合わない場合を除き、女性は海外の生活を男性以上に楽しんでいる方が多い。高確率で満足できる。
  • ヨガマットは必需品。女性駐在員=ヨガ。

 

編集室
女性駐在員として活躍したい方は、海外案件に強い人材エージェントを利用しましょう。ブラック企業への就職を避ける為にも、専門家の意見を取り入れ、慎重に企業選びをして下さい。

駐在員の転職エージェント

 

海外で働きたい方におすすめの記事

駐在員の求人が見つからない理由
高卒で駐在員になるには
中途採用で駐在員になるには

 

以上、「女性の駐在員ライフ」でした。