11月24日「駐在員が帰国したくなるとき」更新。
11月24日「駐在員の転職エージェント」更新。

駐在員になるためのTOEIC勉強法

海外勤務の条件として、多くの企業に受け入れられているTOEIC。しかし、所詮TOEICは試験です。試験ということは、受験勉強と同じでハイスコアをとるための勉強方法が確立されていることを意味します。

TOEIC対策について

そもそも論ですが、いくらTOEICで高得点を叩きだしても、実際の英語力を証明するものにはなりません。TOEICはお勉強と割り切って考えることで効率的にスコアを伸ばすことができます。

 

就職・転職のためのTOEICについて

編集室
目次:

  • 人事部はTOEICをどのように評価するのか
  • 最短の努力で最高の効果を生むTOEIC勉強法

人事部はTOEICをどのように評価するのか

海外事業部のある企業の人事部ならTOEICがどのようなものであるのかを理解しています。試験内容の話ではなく、試験であるTOEICと実際に必要な英語に開きがあることを知っています。

もう少し詳しく書くと、人事部は、TOEICハイスコアの求職者を採用して海外に出向させてみた経験から、TOEICハイスコア取得者の危うさを知っています。

 

TOEICは求職者のやる気をみるバロメーター

最近、海外で働くことが見直されていることで、質の低い求職者が増えています。質の低い求職者とは、採用からは程遠い方のことです。一般的な求人サイトで求職者を募集する場合、求人に応募条件を付けておかないと、職歴もなく語学もダメな方の履歴書がワンサカ届いてしまいます。

これが、TOEICを足切りに利用する企業が増えている理由です。

ちなみに、採用活動で人材紹介会社を利用している企業は、人材紹介会社の担当者に求職者の条件を提示していますので、そのような面倒な求職者を相手にする必要はありません。

 

最短の努力で最高の効果を生むTOEIC勉強法

TOEICを英語学習と捉えると、実用的な英語のイメージがしてしまいますので、ここではあえてTOEICの試験対策と書きます。クドイようですが、所詮試験です。TOEICでハイスコアをとれたら、英語がペラペラになるイメージを捨てましょう。

駐在員に必要な英語については別の記事を参考にして下さい。

駐在員の英語
駐在員に必要な英語を鍛える方法

 

これしかない最強のTOEIC勉強術

近所の本屋かamazonでTOEICテスト新公式問題集を購入しましょう。それ以外の試験対策は不要です。もし他の本や教材が気になる方に私が言いたいのは、これです。「公式問題集は、なぜ公式問題集なのか。」ということです。字のごとく公式問題集です。非公式の問題集を買う理由があるのでしょうか。

無駄な試験対策をするのはやめて、王道の公式問題集を解き続けるだけです。vol.1〜vol.6まであるのでできる限り多くの問題を解いておきましょう。TOIEC800ぐらいまでは、これだけで到達できます。

やるか? やらないのか? それだけの話しです。

 

編集室
もし、TOEICテスト新公式問題集が難しすぎるのであれば、以下の記事の中にある「中学英語があやしい状況」を参考にして下さい。

駐在員に必要な英語を鍛える方法

 

以上、「駐在員になるためのTOEIC勉強法」でした。