11月24日「駐在員が帰国したくなるとき」更新。
11月24日「駐在員の転職エージェント」更新。

駐在員に必要な英語を鍛える方法

忙しいから英語の勉強に時間が取れない!

英語が話せるようになる人は、言い訳しません。現実的に社会人で英語に使える時間が限られている状況で、どうすれば駐在員に必要な英語を身につけることができるのか考えていきましょう。

駐在員の英語勉強法

編集室
目次:

  • 日常会話ではなく駐在員に必要な英語に特化する
  • 日常会話はなんとかタイプの対策
  • 中学英語があやしい状況、英語を組み立てることができないなら

日常会話ではなく駐在員に必要な英語に特化する

日常会話とビジネスで使う言葉は違います。日常会話を完璧にした後に、ビジネス英語を学ぼうと考えてるのであれば、それは大きな間違いです。映画をみるとよくわかりますが日常会話には終わりがありません。

中学レベルを終わらせたら、駐在員に必要な言葉、すぐに使える言葉を学んでいきましょう。ビジネスレベルの英語となるとハードルの高さを感じる方も多いと思いますが、医者に必要な言葉と生産管理に必要な言葉は違います。ご自身の職場の環境に当てはめて必要な英語を身に付けるのが近道です。

例えば、現地スタッフに仕事を指示するための英語や商品を発注する為の英語です。

一般的に大人になると闇雲に暗記していくことは苦手になってきます。必要性を感じることしか学べなくなります。必要性を感じることを学び、その言葉を使うことで英語が話せるようになります。実践を意識することが大切です。

 

日常会話はなんとかタイプの対策

日常会話が多少できる方や中学レベルの英語の復習が終わっている方は、ビジネス英語に定評のあるオンライン英会話スクールで実践的に学んでいきましょう。駐在員にドンピシャの学校があります。

  • 現地の部下を英語で指揮する管理職の方
  • 海外取引先と難易度の高い会話力が要求される方
  • すぐに英会話力を高める必要がある方

もしメールでの英語に自信がないのであれば、英文Eメール講座もあります。駐在員の仕事はマネジメントが中心になりますので、ビジネス英語の中でもマネジメントに必要な言葉を学んで行きましょう。いまだと無料体験ができる学校もあるので、興味のある方は試してみてください。

おすすめのオンライン英会話・ビジネス

 

中学英語があやしい状況、英語を組み立てることができない

TOEIC400点以下で中学の文法もあやしいタイプ。駐在員として海外で仕事をするのであれば、酷い英語でも自分の考えを伝える必要があります。

このタイプに必要なのは、以下の2点。

  1. 文法を理解すること。
  2. 汎用的なフレーズを覚えて文章を組み立てる練習。

 

書く英語・基礎編

松本亨先生の名書。中学3年レベルからと記載されていますが、英語力ゼロでも文法や英作が学べる最高の書籍です。この本を終わらせたら、オンライン英会話で実践的な会話のトレーニングをすればOK。

 

アルクのもう一度英語 ビジネス Plus

意思を伝えるには、センテンスを組み立てる必要があります。ビジネスに必要な基本フレーズを覚えて、フレーズを使いまわせるようにするための訓練です。

アルクがどういう企業なのか私が説明する必要もないと思いますので、ここでは割愛します。英語の基礎とビジネスに必要な言葉を勉強して下さい。ビジネス Plusが難しいのであれば、ビジネス Basicからスタートしましょう。

英語がまったく駄目な方でも3ヶ月で終わらせましょう。ゼロから仕事に必要な英語を学ぶことはできますが、駐在員として勤務する前に、語学力をもう少し積み上げておくべきです。ここを通り抜ければ、オンライン英会話で実践的に学んでいけます。

 

 

以上、「駐在員に必要な英語を鍛える」でした。